RSS
 

会社概要

当社は「紅豚」「紅あぐー」という2種類の沖縄ブランド豚肉の専門店です。 当社では、生産・加工・販売を一貫して行っています。 沖縄県内の契約生産農家3者(喜納農場:紅豚・紅あぐー飼育) (安次富畜産:紅豚飼育)(島袋畜産:紅豚飼育)が独自で 肉質の良さを追及。長年の歳月を経て研究配合した飼料を使用し、 衛生面にこだわった豚舎で飼育するなど、独自の飼料や飼育方法により生産した、 沖縄の安全で高品質の豚肉を販売する。 また、徹底した安全管理を目指し、農場、餌、飼育方法、生産者などの生産過程の情報や、流通の流れを追跡できる「トレーサビリティシステム」を採用。農場から食卓まで、責任を持って安心・安全・高品質をお届けします。

企業理念

食の安全が問題視されている今、誰がどのように作ったか(育てたか)を一般の消費者は知る権利があります。また、そのような商品への需要が増えております。
このような消費者の食に対する安全の意識が高まっている中、国内で生まれた全ての牛と輸入牛に個別識別番号の表示が2003年12月より義務付けられました。
それに対し、豚肉は単価が低く、1頭あたりの重量も少ないためにコストがかかり固体識別番号の導入は殆ど行われていません。しかし、私どもは消費者の皆様に「おいしい」はもちろんのこと、「安心」を重視し、自分の大切な家族にも安心して食べさせることのできる豚肉を提供するため、全ての豚に個体識別番号をつけ管理しています。
当社の社名の「がんじゅう」とは沖縄の方言で「元気・健康・頑丈・丈夫」という意味です。「食を通して、健康づくりを応援したい。」という思いから名づけました。
安心・安全な商品をお届けすることはもちろん、これからは子供達への「食育」の一環として親子食育料理教室など食を楽しむイベントの展開も企画していきたいと考えています。


会社名株式会社がんじゅう
所在地〒904-0303
沖縄県中頭郡読谷村伊良皆225番地
連絡先098-957-2929
FAX098-957-2986
代表取締役桃原 清一郎
非常勤取締役島袋 和則(生産農家代表)
喜納 憲政(生産農家)
上間学(沖縄電力株式会社)
非常勤監査役佐久本 達哉 (沖縄電力株式会社)
食品衛生責任者前田 正康(工場長)
従業員18名(パート含む)
資本金1,000万円
株主沖縄電力株式会社、桃原清一郎、喜納憲政、島袋和則、安次富正
事業内容枝肉・部分肉卸・小売・食肉加工品の製造販売、養豚事業それに付随するすべての業務

取り組み

食の安全が問題視されている今、誰がどのように作ったか(育てたか)を一般の消費者は知る権利があります。また、そのような商品への需要が増えております。
このような消費者の食に対する安全の意識が高まっている中、国内で生まれた全ての牛と輸入牛に個別識別番号の表示が2003年12月より義務付けられました。
それに対し、豚肉は単価が低く、1頭あたりの重量も少ないためにコストがかかり固体識別番号の導入は殆ど行われていません。しかし、私どもは消費者の皆様に「おいしい」はもちろんのこと、「安心」を重視し、自分の大切な家族にも安心して食べさせることのできる豚肉を提供するため、全ての豚に個体識別番号をつけ管理しています。
当社の社名の「がんじゅう」とは沖縄の方言で「元気・健康・頑丈・丈夫」という意味です。「食を通して、健康づくりを応援したい。」また「紅豚・紅あぐーを食べていつまでもがんじゅうであって欲しい」との願いを込め社名と致しました。
安心・安全な商品をお届けすることはもちろん、これからは子供達への「食育」の一環として親子食育料理教室など食を楽しむイベントの展開も企画していきたいと考えています。

「まーさむん くぁっちーして ちゃーがんじゅう」
(おいしいものたくさん食べて、いつまでも健康に)

「まーさむん うさがてぃ ちゃーがんじゅうやいびん」
(おいしいものを食べて毎日元気です)

決算公告

会社法第440条第3項の規定により、決算公告に代えて貸借対照表を掲載しております。

29年3月31日現在 第15期決算公告(貸借対照表) PDFデータをダウンロード(224KB)
28年3月31日現在 第14期決算公告(貸借対照表) PDFデータをダウンロード(249KB)
27年3月31日現在 第13期決算公告(貸借対照表) PDFデータをダウンロード(262KB)
26年3月31日現在 第12期決算公告(貸借対照表) PDFデータをダウンロード(252KB)




代表取締役 桃原清一郎

桃原清一郎

桃原社長 マジカルミステリーツアーj出演

マジカルミステリーツアー 蠅んじゅう 代表取締役 桃原清一郎

蠅んじゅう 代表取締役 桃原社長



桃原清一郎のプロフィール

沖縄県浦添市出身で国際電子ビジネス専門学校卒業後、キャノングループのソフト会社で5年の営業を経て1年間アメリカに留学。
帰国後、1996年螢▲好謄襪愼社する。
養豚農業へ営業へ出かけた際に、良質の豚肉が流通されていない話しをきっかけに蟆縄電力のベンチャー制度を利用して蠅んじゅうを設立した。


初めて紅豚を食べた時、あまりの味のレベルの高さにびっくりしました。
生産農家さんの「質の良い豚肉をひたむきに研究したい」という思いに感動させられ、こんなに真剣に良いものを作っている農家が正しい評価を受け、尚且つきちんと付加価値が生み出せる流通体系を作りたいと考え、2003年、生産、加工、販売を一貫して行う「がんじゅう」を設立しました。
また消費者に安心して購入していただけるよう、流通経路や生産者がわかるトレーサビリティを導入し、品質を追及しながら自信と責任がもてる豚肉を提供しています。
沖縄の食文化にはかかせない豚肉、これからも生産農家はもちろん、消費者に良質の沖縄産豚肉を積極的に提供していきたいです。

紅豚・紅あぐーメディア掲載

紅豚 マスコミ掲載・情報


紅豚三越出店
虎ノ門市場に紅豚味噌漬けが紹介されました
ダウンタウンDX「紅豚しゃぶしゃぶ」紹介されました

紅豚・紅豚あぐーを掲載して頂き誠にありがとうございます。


「紅豚味噌漬け」がCURAに掲載されました


紅豚ロース味噌漬けoggi掲載


でじまが「紅豚あぐー」掲載


肉食系料理BOOK『紅豚あぐー』


47都道府県の名物鍋・沖縄代表「紅豚しゃぶしゃぶ」


琉球新報 沖縄新ビジネス 「おきなわ紅豚」


全国プレミアムグルメ22件に「紅豚しゃぶしゃぶセット」が選ばれました。


オール読物 沖縄代表 おきなわ紅豚味噌漬け


麒麟淡麗全国にっぽんのうまい!沖縄代表紅豚味噌漬け



メディア紹介

ページトップへ