RSS
 

トレーサビリティー

トレーサビリティーシステム近年、 鳥インフルエンザやBSEの発生、また偽装表示事件により、消費者の食品に対する信頼がゆらいでいます。 そんな中「安心で質のいい豚肉をひたむきに追求するには、既存の流通形態ではだめ。生産、加工、販売を一 貫して行う会社が必要だ。」という農家と桃原社長の思いから、当社は「トレーサビリティーシステム」を導 入しております。
「トレーサビリティーシステム」とは、農場から食卓までの流れを追跡できるシステム のことをいいます。
例えば、「この豚肉はどこの農場で、どんな餌を食べてどのように育ったのか」や「 誰が育て、いつ出荷され、どの工場で加工され、どのような流れを経てお店に並んでいるのか」などの情報を 各商品のラベルに記載されている7桁の「安心番号」からトレーサビリティーシステム専用ペ ージで調べることができます。全ての情報を知って頂けることで、「農場」から「食卓」まで自信と責任 をもってお届けします。


トレーサビリティーシステムのご利用方法

1.トレーサビリティーシステム専用ペ ージより、飼育履歴をクリック

トレーサビ

リティーシステム

2.お買い上げ頂いた紅豚の表示ラベルに記載されている「安心確認番号」を打ち 込んでください。飼育履歴の確認ができます。

toresabi0908

「あぐー」について(JAおきなわ銘柄豚推進協議会)

 あぐー

みんなで守ろう「あぐ〜」ブランド

「あぐー」豚肉

食用豚肉としてひらがなで表記される「あぐー」の定義は、琉球在来種「アグー」の血液(オス方)を50%以上有することで、「アグー」と呼びます。一般的な豚肉と比べて、さっぱりとした脂肪の旨味やまろやかな食感で人気の豚肉です。

「あぐー」商標について

JAおきなわは、旧沖縄県経済連時代の平成8年12月に「あぐー」の商標権を取得し(商標登録第3231695号)、「あぐー」をJAおきなわ銘柄豚推進協議会が策定した品質基準を充たした高級の研鑽豚肉の統一ブランド名として使用しております。 そして「あぐー」の商標については、JAおきなわと商標使用許諾契約を締結した事業者のみに使用を認めており、現在下記に掲載されているシールを使用する5事業者と契約を締結してその使用を認証しています。よって、下記のシールが貼付されている豚肉やその5事業者から「あぐー」豚肉であることの証明書の交付を受けている業者が提供する「あぐー」豚肉は適正に定められたルールの下で生産・販売されている安全・安心で美味しい「あぐー」豚肉です。JAおきなわが使用を認証していない業者が、「あぐー」、「アグー」、「AGU」もしくはその他の類似する名称を用いて豚肉を販売することは、このJAおきなわの商標権に違反するものです。

JAおきなわ銘柄豚推進協議会

「JAおきなわ銘柄豚推進協議会」は県内外の消費者に対して、安全・安心なおきなわブランド豚肉「あぐー」を提供するため、豚肉の生産者や販売者が、適正に定められた一定のルールの下で、品質の高い「あぐー」の生産・販売をするようブランドを管理する組織であり、このルールに従って「あぐー」豚肉を生産・販売する業者に門戸を開き、広く参加を求めています。沖縄ブランド豚肉「あぐー」は、沖縄の大切なブランドです。この大切なブランドを守り育てていきたいと思いますので、県民・消費者の皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

このマークが目印です。「あぐー」は登録商標です。

紅豚・紅あぐー飼料内容・放射能検査について

当社、株式会社がんじゅ うは
生産者の「安心で安全で美味しい豚肉」を
責任をもって提供していきたいという想いに
賛同し、設立した会社です。

最近お電話やメールにて

・「紅豚」「紅あぐー」の飼料の中に
 放射能の影響を受けているようなものはないですか?
・放射能の影響のある豚肉が全国に出回っているとのことですが、
 お宅の豚肉は大丈夫ですか?
 

という内容のお問い合わせがとても増えています。

当社の独自配合飼料の中に
放射能の影響を受けている原材料は なく、

農場から直販なので
ほかの豚肉が混在することは一切ありません。

また、飼料に関 しまして第三者による検査を行っております。
どうぞご安心くださいませ。

紅豚・紅あぐー飼料放射能検査

紅豚・紅あぐー飼料の原料と産地は以下となります。
飼料には2種類りまして、子豚用のものと
大 人になってからのものがございます。


子豚用育成配合飼料(基本) 

・穀類 

  とうもろこし アメリカ・アルゼンチン
 玄米     佐賀
 菓子パン粉  沖縄
 小麦でん 粉  沖縄


・植物性油粕類  

 大豆油かす  兵庫
 なたね油かす 兵庫
 
・動物質性飼料 
 
 ポークチキンミール 沖縄


成豚育成用配合飼料(基本)

・穀類 

 とうもろこし アメリカ・アルゼンチン
 マイロ    アルゼンチン
 玄米     佐賀
 小麦     オーストラリア
 小麦粉    沖縄
 精米      タイ
 菓子パン粉  沖縄
 紅いも    沖縄

 
・植物性油粕類 
 
 大豆 脂かす  兵庫
 
・そうこう類

 ふすま   沖縄


飼料の入手ルートは以下に なります。


とうもろこし、マイロ、小麦、大麦に関しては、
アメリカ・アルゼンチン・オー ストラリア等の産地から
鹿児島県志布志港に上げたものを志布志サイロから船積みして
沖縄(中城湾 港)へ転送する。
玄米は佐賀の倉庫から福岡港→那覇港→県内飼料会社に入る。
菓子パン粉はぐしけ んパンの工場(沖縄県内北中城村)で
乾燥処理されたものが県内飼料会社へ入る。
小麦でんこなは糸 満(沖縄)のふくじゅ工場から県内飼料会社に入る。
紅いもは読谷村の農家で作られている芋が協同商会 で
乾燥処理されたものが県内飼料会社に入る。
大豆かす、菜種かす類は兵庫のJオイルミルズから
船積で中城港に送られる。
ポークチキンミールは沖縄化勢工業で製造され県内飼料会社へ入る。
フェザーミール(お母さん豚の飼料に配合しています)は
沖縄食鶏、中央食品、鶏卵流通センターから協 同紹介で加工され、
県内飼料会社へ入る
油かすは沖縄食糧(お米やさん)で発生し、県内飼料会社へ 入る。
ふすまは沖縄製粉で発生し県内飼料会社へ入る。

また、細かい配合は以下のルートになり ます。

・糖蜜 県内製糖工場より
・炭酸カルシウム 沖縄県内砕石場より
・リン酸カルシウ ム 山口県小野田化学産より
・ネッカリッチ 宮崎県みどり製薬より
・黒糖 県内生産工場より
・アミノ酸のリジン インドネシア産より
・食塩 長崎県産より
・海藻ミール フィリピン産より
・もずく 沖縄県産より
・ゼオライト 鹿児島産より
・パン酵母 ブラジルより


紅 豚の飼料に関しましては、原料のほとんどを
全農というところから取り寄せております。
飼料に関し まして、福島原子力発電所事故に伴う
配合飼料の安全性の保障の書類が届いておりました。
上記のル ートにおいて、今回の事故による直接的な
影響は受けないとのことでございます。

また、全農で は豚さんの飼料も人間の食品並みの
安全性が担保されております。

ページトップへ